Feedback

Choose your language

Close

安全なガラス板のハンドリング

ガラス板の安全なハンドリングを実現する、より柔軟なソリューション

背景

ポーランドの大手ガラスメーカーのお客様は、目詰まりにより頻繁に交換する必要のあるポンプや、耐久性の低いサクションアカップ、そしてそれらに伴う製造コストの増加を抑えるためのソリューションを求めていました。同社は安全性も重視していたため、電源喪失時でも最低 5 分間はガラス板を確実に保持できる性能が必要でした。

ソリューション

お客様には逆止弁を備えた「P3010 真空ポンプ」(P3010 vacuum pumpと、大型サクションカップ「 XLF200 」(suction cups XLF200を提案しました。ポンプに備えられた逆止弁により、エジェクターが機能していない間もシステム内の真空を保持できるようにしました。さらに、システムエラー発生率を低減するために、ポンプにはフィルターを備えました。

結果

提案した真空ポンプは、目詰まりが発生しても COAX® 真空カートリッジ(COAX® vacuum cartridgesを素早く交換できるのが特徴です。そして、「XLF サクションカップ」は従来品と比べて長寿命であり、リップ部分が二重構造になっていることでグリッパーの安全性をさらに高めます。これらのソリューションにより、お客様のスペアパーツ交換費用を大幅に削減することに成功しました。

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい