コンテンツにスキップ

どのような時、バキュームカートリッジを機械に組込んで使用した方が良いですか?

一番共通する問題点として、真空源と吸引ポイントとの間に様々な制限があるという事です。
(例えば細く長いチューブを使用するなど。)、お客様の装置に真空カートリッジを組み込むことにより、真空が必要なポイントに真空源を近づけることが可能となります。これにより、制限を最小限に抑え、エネルギー消費もセーブできます。また、この方法はシステムをコンパクトにまとめることが出来ます。

Choose your language

比較できません

製品タイプが異なる場合は比較できません。現在選択している製品を削除しますか?

フィードバックをお寄せ下さい