Feedback

Choose your language

Close

スマートファクトリー実現を支援する最新真空技術

「インダストリー4.0」 へのPiab 真空システムの取り組み

日付 2017/09/12

「piCOMPACT®」真空ポンプの次なるステップは、先進的なデータ分析ツールを備えて生産性を向上させることです。

タビー(スウェーデン) - 第四次産業革命が迫る中、Piab はスマートセンサーデータをクラウドベースのビッグデータツールに供給し、予測解析・シミュレーションを実施することで、自社の真空技術ソリューションのさらなる強化を模索しています。このようなハイレベルの相互接続サービスによってインダストリアル・インターネット・オブ・シングス(Industrial Internet of Things :IIoT)の土台が形成され、「インダストリー 4.0」 で提唱されているスマートファクトリーの実現が推進されます。相互運用性、情報の透明性、技術支援、分散型の意思決定という 4 つの基本原則に基づく「インダストリー 4.0 」は、エネルギー効率と生産性を最適化していくものと期待されています。

Piab の制御機能一体型エジェクター piCOMPACT®23 および piCOMPACT®10X は、既に自動最適化機能が搭載可能です。汎用のフィールドバスに依存しない入出力技術「IO-Link」を採用すれば、センサーデータ出力とアクチュエーター通信が可能となることで、リアルタイムの分散型制御システムが実現します。

「今は、あらゆるものを次のレベルに引き上げる段階にあります。通信リンク、フィールドバス、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)は基礎レベルのプロセス制御に過ぎません。スマート消費財向けの IoT(モノのインターネット)同様、私たちもビッグデータツールをサポートできるよう、新たなサービスレベルのセンサーデータを製品に追加する必要があります。そこで、スケーラブルデータと分析システムを導入することで、ビッグデータを迅速かつ効果的に管理し、スマートデータを作成できるようにしました」と、Piab オートメーション事業部部長Josef Karbassiは説明しています。

センサーと「piCOMPACT®」 などのコンポーネントを直接結ぶ個別の通信層を追加すれば、「クラウド」に接続し、膨大な量の貴重なデータにオンデマンドでアクセスできるようになります。「piCOMPACT®」 は、この技術に対応できるよう設計されています。スマート出力データはオペレーターのサポートとなるほか、メンテナンス、パフォーマンス調整、品質に関連する意思決定の促進、さらには Piab 「piCOMPACT®」 をはじめとするコンポーネントの自律的機能の微調整にも活用できます。

会社情報

Piab 社は1951年に設立され、世界中の真空ニーズにおけるエネルギー効率、生産性、および作業環境を向上させるべく、革新的な真空ソリューションの設計に取り組んできました。世界最大のメーカー各社から信頼できるパートナーとして認められています。弊社が設計・製造した広範囲の真空ポンプ、真空アクセサリー、真空コンベアやサクションカップは、マテリアルハンドリングや工場の自動化プロセスにおける様々な場所で活躍しています。Piab では、まったく新しい真空技術である COAX® を採用しており、独自の製品やソリューションを随所で活用しています。COAX® カートリッジは、従来のエジェクターよりも小型で、高いエネルギー効率と信頼性を誇ります。搭載する機器に直接組み込むこともできます。このカートリッジにより、柔軟性の高いモジュール式の真空システムが実現します。2016年には、Piab はKenos® と Vaculex の2社を傘下に収めました。弊社は、約70か国に子会社や代理店を展開する、世界的な企業です。本社はスウェーデンにあります。

詳細情報

Häla El Sheemy Washbrook(マーケティング・コミュニケーション部長)

Tel:+46 (0) 8 630 25 74

電子メール:hala.e.washbrook@piab.com

 

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい