Feedback

Choose your language

Close

Sometech社の生産現場でのPiab EOAT コンポーネント

COVID-19から人々を守るSomtechのバイザーは、現在Piabのコンポーネントでハンドリングされています

日付 2020/05/13

毎日の重要な業務を最低限維持しながら、COVID-19から身を守らなければならない人々を支援するために、スペインのバレンシアにあるソムテック・テクノロジー社(Somtech)は自社のバイザーの生産方法を3Dプリントから射出成形に移行しました。 射出成形機の設置後すぐに生産を開始するために、Somtechは、機械から自動的に製品を下ろすロボット・ハンドを作るためのコンポーネントを一晩で揃える必要がありました。Piabは、その緊急要件に適したコンポーネントの提供ができました。パーツの素早い納品で、Somtechは即、一週間に56,000個のバイザーの生産が可能になりました。

技術系企業は、少なくともCOVID-19感染の拡大と同様のスピードで形にできる革新的ソリューションの発案を急いでいます。COVID-19と闘うスペインにある会社の一つ、ソムテック・テクノロジー(Somtech)は、そうした状況に対応するために自社の生産の主体を自動車、レール、梱包関連からバイザーに変更しました。新規開発したバイザーの増大する需要に対応するため、生産方法が3Dプリントから射出成形に移行されました。通常オートバイのヘルメットに着けるバイザーが、今は病院で働く医療関係者やその他重要な専門業務に従事する人々をウイルスから守っています。さらに、バイザーは人々が食料、薬、生活用品を買いにスーパー、薬局や銀行に行く場合にも使用できます。

この射出成形工程への移行は、適切なグリッパーを装着したロボットによる自動取り出しシステムを導入することで初めて可能になるものでした。

ソムテック・テクノロジーズのチーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)、Mariano Sebastiá Ramirezはこう語ります。「私達が、週明けにグリップ・コンポーネントを入手するために、知っている全てのメーカーに週末に連絡をとった時、Piabの担当者は間をおかずに行動を起こしてくれました。日曜の夜であったにもかかわらずです。そのおかげで、私達は必要なパーツを決め、月曜の朝には注文の準備ができました。そして、48時間以内にPiabのコンポーネントが工場に届き、直ちに生産工程を強化してバイザーの大量生産を開始することができました。」

Piab スペインの担当エリア・セールス・マネージャー、Sergio Luzuriagaが、さらにこう述べました。「ソムテック・テクノロジーからご信用頂いたことは、誠にありがいことです。私達は、早く普通の生活が戻るよう願いながらCOVID-19と戦う人々を支援するソムテック社の全ての要件に協力していきます。」

Piabのモジュールシステムは、仕様の異なるパーツをシンプルに組み合わせることができます。例えば、正確な搬送工程のための、低メンテナンスグリッパーと丈夫なハイエンドグリッパーとの組み合わせ。またはコンプリート切断システムのための、カスタマイズされたロボット・ハンドと空圧切断バサミとの組み合わせなどです。さらに、Piabのコンポーネントは、幅広い製品群の把持・搬送に向けて真空ベースのオートメーション・ソリューションを備えており、自動車、医用技術、食品、医薬品、梱包などの産業、ならびに金属加工やプラスチック射出成形にサービスを提供しています。

 

会社情報

Piabは世界各国のオートメーション産業にスマートなソリューションを提供し、e-コマース物流、食品、医薬、自動車およびその他の業界のメーカー/ユーザー様のエネルギー効率、生産性、作業環境の改善に貢献しています。Piab社は全従業員数は500名で、2018年の売上高はSEK 1.2bnを達成し、現地法人や販売店のネットワークを通じて約70ヵ国のお客様にサービス提供するグローバルな企業です。成長性があるセグメントと地域をターゲットとして、オートメーションおよびロボティクスにおける継続的な技術開発を活かし、Piabはグリップと移動ソリューションのグローバルリーダーを目指しています。

詳細情報

マーケテイングおよびコミュニケーション副社長、Kajsa Blixth
電話:+46 (0) 8 630 25 85
メール: kajsa.blixth@piab.com

 

Piab AB © 2020 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい