コンテンツにスキップ

Kora社がPiabのpiFLOW®pバキュームコンベアを活用してスーパーフード充填の効率化を実現

Published
Kora uses Piabs vacuum conveyor Pi-Flow P for the efficient filling of superfoods

迅速で容易な搬送製品の切り替え、食品および医薬品規格の順守、快適な勤務環境、そして持続可能な資源保全のためのエネルギー消費の効率化。これらが、栄養補助食品や化粧品の充填包装でオーストリアのマーケットリーダーであるKora Füll GmbHの指針です。同社の基準を満たすPiabのバキュームコンベアは、まさに理想的な搬送ソリューションでした。

年間約300種類の製品を充填し、1種類当たり1~3日を要するため、搬送物の切り替えは迅速に行う必要があります。リンツ近郊のエルンストホーフェンを拠点とするKora Füll GmbHのように高品質な栄養補助食品や化粧品を扱う企業は、有害物質取り扱いの安全規制要件に加え、食品・医薬品関連のEU指令の要件を満たさなければなりません。包装関連を含む20社から成る企業グループは、年間約400万ユーロの売り上げを計上しています。

piFLOW®pバキュームコンベアで搬送した粉末状のスーパーフードを充填する際、製品はコーヒー用シュガースティックに似た小さなスティックパックに充填されます。スティックパックはすぐに使用できるよう、簡単にちぎって開けることができます。通常プラスチックや加工紙などの包装紙は、ロールから包装システムへ供給されます。縦型包装になるため、充填される製品は上方から供給されます。充填量やスティックパックのサイズがセットされ、スティックパックシステムの制御により、切り口も決定されます。システムは、充填開始前に自動的に底部をシールします。設定した分量が充填されたら上部がシールされ、ひと続きになっている包装紙から切り離され、スティックとなります。完成したスティックパックは、要件を満たしていれば搬送ベルトで直接カートンに運ばれます。要件を満たしていないスティックパックは、不良品として生産設備の下方のコンテナへ弾かれます。

スティックパック工場における粉体充填にPiabのpiFLOW®pが採用された決め手は、迅速な製品切り替えが可能になる点でした。粉末状のスーパーフードの他、粉末状のスポーツドリンクの素など様々な製品を供給ユニットに運ばれます。「Piabのバキュームコンベアを採用する決め手となったのは、簡単に洗浄できるからでした。」と、Kora社のマネージング・ディレクターを務めるMerlin Wintersteiger氏は語ります。「フィルターやガスケットなどの部品は、簡単に取り外しできる構造になっているため、次の生産に備えてほんの数ステップでコンベア全体を分解、洗浄、再組立てできます。残留物が次の搬送物に混ざらないように、特にアレルゲンが混入しないようにしっかりと洗浄することは、当社にとって非常に重要でした。」

「piFLOW®pバキュームコンベアのモジュール式の設計のおかげで、変化の激しい市場にも柔軟に対応できています。なぜなら、新たな搬送条件に対応するために、モジュールを簡単に追加することができるからです。」と、Wintersteiger氏は説明します。

PiabのpiFLOW®pバキュームコンベアは、食品・製薬業界で求められる高水準の安全性・衛生基準に完全に適合しています。本コンベアの材質は電解研磨処理されたステンレススチール製で、米国FDAおよびEU 1935/2004規格に準拠して製作されています。配管となるホースはポリウレタン製で、ホース壁面にはらせん状にスチールが埋め込まれています。これにより製品の帯電を最小限に抑え、等電位接地が可能です。コンベア内部のフィルターは、各搬送サイクルの後、エアショックが与えられ自動的に洗浄されます。コンベアを制御するコントロールユニットは、本体とは別にキャビネットに格納されます。

Kora社はあらゆる状況に対応するため、ATEX粉塵認定のpiFLOW®pバキュームコンベアを使用しています。この仕様の場合は、コンベア内部の部品(シール・フィルター)は帯電防止材質になります。

Piabを選んだ重要な決め手の一つは、優れた協力体制です。Wintersteiger氏「Kora社にとって、優れた協力体制とは、何よりもスペアパーツの安全性が高いこと、当社のスケジュールに合ったサービス提供ができること、地域の担当者と連絡できることを意味します。必要な時にすぐに提供されるサポートは、ダウンタイムの抑制に役立っています。これまでの実績から、当社は将来的に、バキュームコンベア技術に関するあらゆるニーズをPiabに託す考えです。」

同社のオペレーターは、Piabバキュームコンベアの騒音レベルが低い点を特に評価しています。室内の粉塵飛散が抑えられたことで作業環境も向上し、オペレーターの健康面、労働の安全性も向上しました。

静粛性の理由は、真空ポンプにPiabの特許技術COAX®エジェクターが使用されているためです。このエジェクターは、ブロワーと同等の真空流量を発生し、ロータリーベーンポンプと同等の真空度に到達します。搬送物によっては、搬送速度を2~25m/sに設定できます。必要な圧縮空気が供給されていれば、搬送距離が10m時、最大搬送能力は500kg/hです。

COAX®は、圧縮空気をノズルに供給することで真空を発生させる技術です。非常に効率的に最大で250ミリバールの真空度に到達できます。搬送ラインの詰まりもほとんどありません。真空ポンプには機械的な可動部品が存在しないため、メンテナンス頻度を抑えられます。真空ポンプはコンベアに直接取り付けられます。コンベアの粉体回収容量は、搬送物のかさ密度など、さまざまな条件に合わせて変更できます。

ドレスデンのフラウンホーファー工作機械・成形技術研究所による独立した比較試験では、PiabのCOAX®エジェクターは、従来のエジェクターと同じ空気消費量で3倍の流量発生を実現しました。これにより、供給圧が低かったり変動したりしてもポンプユニットは良好に動作し、とりわけエネルギー効率が高くなります。これは圧縮空気や電気コストの節約につながり、長期的に有益なエネルギーバランスを達成するというWintersteiger氏のビジョンに完全に合致しています。

詳細情報 お問い合わせ

Choose your language

比較できません

製品タイプが異なる場合は比較できません。現在選択している製品を削除しますか?

フィードバックをお寄せ下さい