コンテンツにスキップ

コピーではなく、リードする。

Published
Lennart Ryberg – Global Product Manager at Piab

グローバルプロダクトマネージャーとして、通常、私はお客様および業界のインサイトとニーズに基づいて、特定の製品のR&Dで開発プロジェクトを開始する立場にいます。MXサクションカップの開発に関しては、通常と逆でした。

多様なワークを搬送するという課題を議論した時点で、R&Dはすでに製品開発を始めていました。彼らはこの製品が素晴らしいものになることを確信していて、いわば私を“乗っ取る”ような形で発表に向けて着手していたのです。実際に、このプロジェクトではすべてがしっくりとうまくいきました。サプライヤーは、超薄リップでありつつも多数のサイクルに十分に耐え得るカップを生産してくれました。多様な材質のワークを搬送するMXサクションカップの卓越した能力の非常に肯定的なテスト結果は驚くべきものでした。Eコマースによる倉庫および物流に対する増加する需要を考えると、それはまさに適切なタイミングの完璧な製品でした。

MXサクションカップでは、私たちは通常よりも念入りに、製品を効果的に発表するための準備を行いました。世界中から選び抜かれた当社のお客様と共に、MXサクションカップを幅広く現場でテストしました。そして、製品のパフォーマンスに自信を得て、それでいてフィードバックに基づいた調整ができる段階まで十分な時間をかけて進めていきました。サクションカップが、圧倒的な関心と急速に増えるオーダーに基づいた、満たされていなかったニーズに応えられることは明らかでした。

私の考えでは、この開発はPiabの真髄にある力を改めて証明するものです。当社は、新しい一歩を踏み出すことを躊躇しません。イノベーションがこの会社を築き上げました。私たちは引き続きその道を歩んで行きます。当社は他社の真似をするのではなく、新しいソリューションの開発を行います。そして、お客様に価値およびパフォーマンスをもたらすにあたって、さらなる改善のために努力し続けていきます。MXサクションカップの開発では、創業者のPeter Tellが何年も前にDURAFLEX®サクションカップファミリーを紹介したときにすでに開発していた、サプライヤーの能力と材料特性に関する専門知識、また設計とアプリケーションに関連するR&Dの深い知識を活用することができました。この当社ならではのノウハウに基づき、私たちは大量生産かつ高品質なソリューションに迅速に辿り着くことができました。

このように製品を開発するには、階層内および階層間で交流ができるオープンな環境が必要です。威信がなく、自由に考え、またコミュニケーションができる環境。これが、私がPiabでとても好きな部分です。また、設計・供給など、同じビル内にある製品開発に関与するさまざまな部門間が近いということもです。ですので、新型コロナウイルスにより多くの人が在宅勤務している状況は別として、人を訪ねて新しいアイデアに関して素早く議論することが容易にできます。

さらに、Piabは、大きな会社ではありませんが、真のグローバルプレイヤーであり、あらゆる地域からフィードバックや、世界中のさまざまなエリアのお客様の需要についての知識を得ることができます。これが、–国際的な環境で、異なる国籍の同僚たちと働ける、Piabでの仕事を私が本当に楽しんでいる理由です。

Lennart Ryberg Lennart Ryberg Global Product Manager
Vacuum Automation
記事を共有する

Choose your language

比較できません

製品タイプが異なる場合は比較できません。現在選択している製品を削除しますか?

フィードバックをお寄せ下さい