コンテンツにスキップ

「ラゴム」– 特定の用途に最適ではないとしても、幅広い用途に対応できる

Published
Gustaf Wigren - Director Product Technology at Piab

一般に、製品技術担当ディレクターとしての私の役割は、要件を設定し、必要なことを伝達し、すでに十分であることと不十分であることを検証することです。MXサクションカップの開発は、多くの意味で特別でした。

これは、最も経験豊富な設計者や材料専門家の技術やノウハウを活用して、成長著しいEコマース部門のセールスチームと戦略的アカウントチームが特定した課題を解決しながら、長年にわたってさまざまな開発を行ってきたことの成果です。したがって、セールスチームとR&Dチームの共同作業であり、この開発をサポートするPiabのさまざまなグループ固有の幅広いノウハウが凝縮されました。さらに、マーケティングチームとともに実用的な技術を細かく検討して、この特別なサクションカップのメリットを理解するのに役立てました。全体的には、MXサクションカップの発表における私の役割は、すべての異なる部門を連携し、製品の擁護者であることでした。設計から調達やマーケティングプレゼンテーションに至るまでのすべての関係者の努力には感動しました。全員が、この製品が開発されて市場に投入されることの本質的な価値を理解しており、先に進めるために最善を尽くしました。

MXサクションカップは、2008年に私がPiabに入社してから発売された製品の中で最も興味深い製品だと信じています。MXサクションカップは、まさに意図した通りの製品となりました。これは、特定の製品に特化したものではありませんが、幅広い用途に対応できるカップです。スウェーデン語に「ラゴム(lagom:ちょうど良い)」という言葉があります。このカップは幅広い製品に対応できることから、一言で説明すると「ラゴム」になるのです。このカップは、他の製品のように特定の用途でトップレベルの能力を発揮するとは言えません。MXサクションカップの目的は、あらゆる用途に対するトレードオフのバランスが完全に取れたサクションカップを開発することであり、まさにそれが達成されました。

Piabでの私の仕事で最も重要なことは、新しくて異なるものを探求する能力です。Piabでは、困難なことや結果が明確でないことを避けません。むしろ逆に、より良い方向または悪い方向に関する新しい方法を十分に試すことを可能にする大胆な手法が存在していて、それが強力な意欲につながります。私にとって、Piabは容易に支援を求めることができる、格式ばらない会社です。大きく成長しているにもかかわらず、お客様との関わりに重点を置いている企業です。

Gustaf Wigren Gustaf Wigren Director Product Technology
Vacuum Automation
記事を共有する

Choose your language

比較できません

製品タイプが異なる場合は比較できません。現在選択している製品を削除しますか?

フィードバックをお寄せ下さい