Feedback

Choose your language

Close

Piabのハイブリッドバッググリッパーに

Piabのハイブリッドバッググリッパーにより生産性が33%向上

背景

Bilgram Groupグループ傘下のSapho社では、10kg、25kg、50kgの容量の袋に路面凍結防止用塩を詰め、パレットに積載しています。従来のグリッパーでは、性能不足でピーク時に処理すべき数量をこなせず、プロセスチェーン全体のボトルネックとして認識されていました。

ソリューション

Sapho社の経営チームが他の会社を訪問した際、そこで稼働しているハイブリッドバッググリッパーに目を留め、新たなグリッパーへの投資を決定しました。Piabのハイブリッドバッググリッパーに統合されたDeckerプレートにより、パレットの積載物が高密度でかつ安定した状態に保たれるため、彼らは自信を持ってこのグリッパーの導入を決める事ができました。Sapho社が使用するローラーベルトに合わせてグリッパーフィンガーを調整することにより、標準製品とカスタマイズされた適応性を組み合わせた経済的なソリューションが得られます。サクションカップを統合することにより、レイヤー間の仕切りを敷く作業も自動化できます。これにより、作業者の腰への負担も軽減します。

結果

Sapho社は、これまでのシステムでの積載能力は1分あたり6袋でしたが、今では9袋をパレタイズできるようになりました。これにより、1日あたり約16枚のパレット、トラック積載量半分以上を従来より多く生産できるようになりました。さらに、袋を傷つけることなくスムーズにパレタイズすることが可能になりました。


関連する商品

Piab AB © 2020 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい