Feedback

Choose your language

Close

サクションカップ F33 FDA

F33 サクションカップの採用により機械稼働時間が 25%向上

背景

あるお客様が、高速シリアル充填機に容器を供給するために、プラスチック容器のマガジンアンローダーを利用していましたが、年間に1万個ものサクションカップを消費していました。 お客様は、機械を再設計せずに済むように、既存品と同じように取り付ける事が可能な代替品となるサクションカップを求めていました。 既存のサクションカップより費用が上がりすぎず、機械の稼働率を向上できるサクションカップが必要とされていました。お客様が購入して使用していたゴム材質のサクションカップはオハイオ州のメーカーが製造していたものでした。

ソリューション

柔らかく順応性がある、FDA承認シリコン材質のPiab F33 サクションカップが選定されました。寸法上は従来のサクションカップに非常に近く、サイズ、高さ、外径を含めて全体的にお客様の許容寸法に収まるものでした。

結果

お客様は従来のサクションカップを1千個単位で発注し、単価1.08米ドルで購入していました。年間あたりの消費数は1万個に上がります。プラスチック容器の吸着搬送用途における既存サクションカップの平均寿命は、およそ22時間(ピック回数38万 )と報告を受けています。これと同じサクションカップが、他のアプリケーションでも使用されていました。Piab F33 サクションカップが導入されて間もない時点で、127時間(ピック回数220 万)トラブルなしで稼働しているとの報告をいただきました。この報告を受けた時から既に 30 日が経過していますが、未だに同じサクションカップで稼働しています。稼働率をさらに伸ばすために機械調整が現在も続けられていますが、サクションカップの吸着ミスや不具合は発生しておらず、稼働率は既に 25%向上(3万~5万米ドルの節約に相当)しています。

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい