Feedback

Choose your language

Close

piGENTLE™を搭載したpiFLOW®t

さまざまな種類の錠剤を効率的かつ緩やかに搬送するシステム

背景

Piabは、カプセル充填機メーカーのイタリアのお客様と何年もの間取引が続いていました。

このお客様のユーザー様であるアメリカの製薬会社が、カプセルの中に粉末とアスピリンの小さな錠剤を入れた新薬を取り扱っており、粉末と錠剤をカプセル充填機に充填する自動搬送システム導入を検討されていました。長い付き合いのおかげもあり、お客様は弊社の真空搬送技術に信頼を置き、この問題を解決できると確信してくれていました。

ユーザー様の条件は以下の通りでした。 搬送量:1時間当たり10万錠(各錠剤の重量は105mg) 搬送距離:5m 錠剤を損傷しない(そうでなければ充填システムの機能がストップする)。

ソリューション

piFLOW®pコンベアとpiFLOW®tコンベアで試験搬送したところ、piGENTLE®を取り付けたpiFLOW®tコンベアが、非常に優れた搬送結果を残しました。piFLOW®t だけを利用したテスト搬送も行いましたが、piGENTLE® を利用した場合とpiGENTLE®を利用しない場合では、信頼性において大きな違いがありました。piGENTLE®を使用しないと、錠剤がホース内に溜まってしまう問題が発生し、さらにポンプへの供給圧力を上げて搬送速度を上げると今度は錠剤が損傷してしまったのです。

piGENTLE®を追加することで搬送速度をコントロールすることが可能になり、錠剤を損傷するリスクが大幅に低減します。piGENTLE®がなければ、供給圧力を最適化して適切な搬送速度を維持することは非常に困難でした。

結果

テスト搬送でpiGENTLE®を使用したpiFLOW®tが優れた結果を出したため、お客様はユーザー様にpiFLOW®tコンベアを組み込んだ機器を出荷することに決めました。

コンベアのセットアップは短時間で済み、容易に稼働することができたと報告をいただきました。

ユーザー様にとって最も大きな収穫は、不良品を最小限にし、工場での生産性を向上させるという条件に合った自動搬送システムが実現できたことです。  搬送する錠剤の硬度が変わっても、コンベアの設定を微調整する必要がなく、その性能に大変満足していただけました。piGENTLE®は、お客様にとって最適なシステムと認められたのです。

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい