Choose your language

Close

ウェブサイトを快適にお使いいただくため、Piab のウェブサイトはcookieを使用しています。
設定を変更されない場合、cookieを受け取ることに同意されたとみなします。
Read more


Electrolux

ピアブ製フリクションカップにより、Electrolux社のメンテナンスコストが半減

背景

スウェーデンのムータラに拠点を置くElectrolux社は、高品質で精密な白物家電の製造業者です。部品の適合は完成製品の質において重要視されます。その為、型打ちした金属板が処理工程の段階での移動の際、ずれないようすにすることが非常に重要となります。

Electrolux社はニトリルゴム製の既存のサクションカップの使用時に、オイルが付着した金属板に対するグリップ力が不十分で、引抜油の影響でサクションカップのライフサイクルが短いと気がつきました。例えばロボットが滑りやすい表面で金属板上でのグリップ力を失ったり、急な減速などの非常時にはスタンプ全ラインの停止が必要でした。この結果として、全ライン上に何もない状態にしてから一からやり直す必要がありました。これは不要な時間と製造のロスでした。

ソリューション

Electrolux社は製造における効率を上げることに成功しました。金属板は、緊急停止の場合であっても、所定のロボットアーム先端ツールにとどまります。これはピアブ製フリクションカップが成し遂げた成果です。

実績

金属板が所定の位置に留まると言う事以外では、ピアブが発売した新しいフリクションカップは競合のニトリルサクションカップと比較して、寿命がかなり長いという点が挙げられます。

具体的には、予期せぬ停止、サービス、プレスラインの再始動にかかる費用が完全に削減され、それにより生産性の向上に繋がりました!古いタイプのサクションカップは引抜油に触れる為、老化・消耗が非常に早い一方で、ピアブ製の新しいフリクションカップは引抜油からの影響が見受けられませんでした!

製造工程での使用開始から6ヶ月後でもサクションカップはまるで新品のようだとのご意見をお客様から頂きました!経済的な面から見ても、再構築されたプレスラインのバキューム関連のメンテナンス費用は50%削減されたという結果になりました。

Piab AB © 2017 法律上の表示

フォローする

ご連絡下さい