Feedback

Choose your language

Close

SAS Cargo社におけるVaculex® TPシリーズ

一流貨物航空会社における貨物搬送作業の改善

背景

SAS Cargo社は、スカンジナビア内で貨物輸送サービスを700便以上のフライトで提供する貨物航空会社です。SAS Cargo社の貨物ハンドリングオペレーションは、Sprit Air Cargo Handlingという別会社(以下Sprit社)が担っています。Spirit社は、航空貨物を取り扱うスカンジナビア最大の企業です。

SAS Cargo社とSpirit社は、頻繁に重い貨物を持ち上げる作業が、会社に損失を招いていることを問題視していました。貨物を扱う作業者の仕事は重労働で、怪我による欠勤や労災補償などの問題が発生します。SAS Cargo社とSpirit社は、作業者の負担を軽くし、作業効率を改善できる補助システムを求めていました。

ソリューション

SAS Cargo/Spirit社が手作業で貨物の積み降ろしをするすべての箇所に、Vaculex® TPシリーズを導入しました。

結果

Vaculex® TPシリーズを使用することによって貨物を軽々と扱えるようになった結果、無理な姿勢と物を持ち上げる運動を原因とする腰痛などの発生リスクが減り、さらに作業スピードも向上しました。

Vaculex® TPシリーズは、90%以上の航空貨物(最大45kgまで)に対応できることを証明しました。

スウェーデン、ストックホルム、Spirit Air Cargo社 倉庫マネージャー、Karl-Åke Libell様からのご報告: 「長い間ずっと、私達の作業を補助してくれるシステムを探してきました。これまで様々な装置を試してみましたが、どれもうまくいきませんでした。そのなかで、Vaculex®はまさに航空貨物のハンドリング作業に最適なシステムだったのです。リフターの使い方は簡単に覚えることができますし、素早く柔軟に操作できます。一番印象的だったのは、トレーニングや説明を受ける前から、オペレーター全員が自発的にリフターを使い始めたことです。私は他の同業者にもVaculex®を強くお勧めします。」

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい