Choose your language

Close

ウェブサイトを快適にお使いいただくため、Piab のウェブサイトはcookieを使用しています。
設定を変更されない場合、cookieを受け取ることに同意されたとみなします。
Read more


PR XLF Cups

66%の圧縮空気を節約

背景

重いガラスシートの持ち上げに関わるアプリケーションでは、持ち上げ装置メーカーは真空チャネル内蔵のアルミニウム製フレームを装備したプロファイルシステムを使用します。集中型の真空システムは漏洩と真空度の低下を補償できない為、消耗したサクションカップが原因で、ガラス板の落下を引き起こします。

ソリューション

必要とされる真空量が多い為、ピアブ製のClassicポンプに代わり、Tコネクタで各サクションカップに接続された2つの VGS™3010 ユニットが導入されました。

実績

VGS™3010ユニットの導入により、供給エアーを66%削減する結果につながり、毎秒14NIから4.7NIなりました。

新システムは分散型である為、VGS™のサクションカップが消耗されてもガラス板が落下することがなくなりました。真空レベルが固定されたピアブ製真空スイッチは、持ち上げフレームから準備完了の信号を受信し、システム内蔵の放風弁により製造業者が必要とする高い安全性が与えられます。以前の2重安全性と比較し、現在では5重安全性になりました。

Piab AB © 2017 法律上の表示

フォローする

ご連絡下さい