Feedback

Choose your language

Close

Piab Kenos® KVG真空グリッパー サクションカップ

フォームパッドまたはサクションカップを使用できる真空グリッパー

日付 2018/12/19

新たなサクションカップ構成により、
PiabのKenos®KVG真空グリッパーのオプション選択範囲がさらに広がります。

タビー(スウェーデン): PiabのKenos®KVGシリーズ真空グリッパーは、標準仕様のフォームパッドの代わりに、
サクションカップを使用するオプションが含まれています。このたび、KVG真空グリッパーに柔軟で耐久性のある
DURAFLEX®BXシリーズと、Value Line®シリーズのサクションカップが構成できるようになりました。

オートメーション部門副社長Josef Karbassi「Kenos®KVG真空グリッパー用サクションカップオプションが拡張されたことで、
把持が困難な素材やワークに対してお客様はより適切に対応できるようになります。これは、Kenos®KVG真空グリッパーの
対応範囲を広げるために、標準モデルで使用されるフォームグリップの代替品として用意されたオプションです。」

Piab独自の空気駆動のマルチステージCOAX®テクノロジーを使用して、高効率の真空発生を実現するKenos®KVGグリッパー
シリーズは、包装産業や家具産業に向けて、ワークを安全に把持、吊り上げ、搬送できるように設計されています。
標準的なモデルは、簡単に交換ができるフォームパッドを使用します。このパッドは、ワーク表面にパッド全体を接触させる
ことで、ワークの形状や寸法にかかわらず強いグリップ力を発生させます。さまざまなアプリケーションに適応できるように、フォームパッドの穴の間隔と厚さの種類を選択できます。FDA承認材質のフォームパッドも利用できます。

Josef Karbassi「サクションカップ付きのKVGグリッパーは、ワークの表面が濡れている、もしくは油が付着している場合に有効です。サクションカップはフォームパッドよりも、水や油の存在によって発生する課題に対する耐久性を備えています。
そのような条件下で、一般的にフォームパッドの柔軟性が必要ない場合は、サクションカップのほうが耐久性があり、長持ち
します」

PiabのValueLine®サクションカップシリーズは、低価格ながらも標準的なアプリケーションに向けて優れた性能を
発揮します。フラット凹形、ベローズ、ロングベローズ形状のカップが用意されており、吸着リップ部分が薄いことで、
段ボール紙などのような表面がわずかに波形のワークに対しても優れた密閉性を発揮します。

特別開発素材で作られたDURAFLEX® サクションカップは、頑丈なベローズ部分と柔らかなリップ部分の組み合わせにより、
柔軟性と安定性を兼ね備えています。ゴムの弾力性と、ポリウレタンの耐摩耗性を特徴としており、
凹凸がある多孔質なワークの吸着に最適です。

 

会社情報

Piabは世界各国のオートメーション産業にスマートなソリューションを提供し、e-コマース物流、食品、医薬、自動車およびその他の業界のメーカー/ユーザー様のエネルギー効率、生産性、作業環境の改善に貢献しています。全従業員数は430名、2017年売上高は10億クローナを達成しました。Piabは、現地法人や販売店のネットワークを通じて約70ヵ国のお客様にサービス提供するグローバルな企業です。成長性があるセグメントと地域をターゲットとして、オートメーションおよびロボティクスにおける継続的な技術開発を活かし、Piabは真空搬送ソリューションのグローバルリーダーを目指しています。

 

詳細情報

Häla El Sheemy Washbrook(マーケティング副部長兼コミュニケーション・マネージャー)
電話:+46 (0) 8 630 25 74
電子メール:hala.e.washbrook@piab.com

Piab AB © 2019 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい