Choose your language

Close

ウェブサイトを快適にお使いいただくため、Piab のウェブサイトはcookieを使用しています。
設定を変更されない場合、cookieを受け取ることに同意されたとみなします。
Read more


二次フィルターユニット

超微細フィルターにより、酵素を除去した清潔な空気を確保

日付 2016/06/03

新型の二次エアフィルターユニットにより、洗剤製造工場の安全性を向上

タビー(スウェーデン)洗剤製造現場の作業員の安全性を向上するため、Piab では純正真空コンベア用の超微細二次エアフィルターユニットを開発しました。滅菌フィルターは標準付属品として提供されており、「ULPA フィルター」と呼ばれる、U15-17 クラスの超微細ろ過性能を備えています。

新型のフィルターユニットは 99.9999% の濾過効率を実現しており、今日多く使用されている HEPA フィルターよりも高い濾過性能があります。piFLOW®p および piFLOW®t シリーズのPiabの空気駆動式コンベア用に設計されており、洗剤や清掃関連の製品メーカーの生産現場で求められている基準を満たすフィルターです。超微細濾過フィルターにより排気を完全に浄化し、酵素などの有害成分の吸入を原因とする健康リスクを大幅に低減する事ができます。

弊社のマテリアルハンドリング部門のOEM営業担当をしている Tomas Dahl は、「フィルタユニットは、ポンプとコンベア本体との間に取り付ける設計になっています。取り付け、交換方法は難しくありません。そして、もし一次フィルタが適切に取り付けされていて、サイズも正確でメンテナンスされているならば、これらの二次フィルターを交換する必要はありません。」と述べています。

国際石鹸洗剤メンテナンス製品協会(AISE)や米国クリーニング協会(ACI)では、洗剤製造工程における最適な搬送方法として、真空搬送を推奨しています。酵素や酵素を含む粉末等の洗剤原料を搬送するには、真空搬送方法が望ましいという事です。 これらの原料は一般的に、ミキサー(ブレンダー)、打錠機や包装機に搬送されます。Piab製の真空コンベアは、緩やかな低速搬送に対応しています。さらに、オプションでULPAフィルターを加えれば排気時の酵素などの有害物質を排除する事もできるので、真空搬送を利用する製造業者様の要求を満たす製品といえるでしょう。

会社情報

Piab 社は1951年に設立され、世界中の真空ニーズにおけるエネルギー効率、生産性、および作業環境を向上させるべく、革新的な真空ソリューションの設計に取り組んできました。その結果、世界最大のメーカー各社から信頼できるパートナーとして認められています。弊社が設計・製造した広範囲の真空ポンプ、真空アクセサリー、真空コンベアや吸盤は、自動マテリアルハンドリングや工場の自動化プロセスなどの様々な画面で活躍しています。Piab では、まったく新しい真空技術である COAX® を採用しており、独自の製品やソリューションを随所で活用しています。COAX® カートリッジは、従来のエジェクターよりも小型で、高いエネルギー効率と信頼性を誇ります。搭載する機器に直接組み込むこともできます。このカートリッジにより、柔軟性の高いモジュール式の真空システムが実現します。弊社は、約70か国に子会社や代理店を展開する、世界的な企業です。本社はスウェーデンにあります。

詳細情報

Häla El Sheemy Washbrook, Vice President Marketing and Communications Manager
電話:+46 (0) 8 630 25 74
電子メール:hala.e.washbrook@piab.com

Piab AB © 2017 法律上の表示

フォローする

ご連絡下さい