Feedback

Choose your language

Close

FEBA Automation 製品

Piabはロボット搬送ソリューションのさらなる成長に向けて、FEBA Automation社を傘下に収めました。

日付 2018/02/02

Piabは、ドイツに本社を置くFEBA Automation社を傘下に収めました。同社は、製造業界向けにロボットグリッピングソリューションを提供する開発メーカーです。これに先立ちPiabは、メカニカルグリッパーとロボットアームツーリングシステム開発のリーディングカンパニーであるSAS Automation社(米国)を傘下に収めています。

タビー(スウェーデン):効率性向上と品質向上を目指した継続的な取り組みによって、世界中の生産工程はオートメーション化が進み、変革が起きています。ロボット技術およびコネクティビティの進歩は、オートメーション化による新たな産業の開拓や、完全にデジタル化されたビジネスモデルの促進など、様々な影響をもたらしています。Piabもそれに合わせて、よりスマートで生産ラインの条件に合ったソリューションを提供する必要性が出てきています。数社を傘下に収めたことでPiabは過去4年間で年間売上高の倍増を達成し、製品ラインナップの強化に成功しています。

FEBA AutomationFEBA Automation)とSAS AutomationSAS Automation)の獲得を通じ、Piabは、メカニカルグリッパーとロボットアームツーリングの真空オートメーションソリューションにおける主要な製品を提供できるようになりました。これによりグリッピング搬送ソリューションをシングルサプライヤーが提供するというニーズを満たし、米国、ドイツ、中国および成長市場での地位を強化しました。

PiabのCEOを務めるAnders Lindqvistは、次のように述べています。

「ロボット技術やIoT技術に支えられたオートメーション化の流れが、Piabの成長を後押ししてくれています。当社は1960年代から他社に先駆けて真空オートメーションの開発を始め、この分野の専門家としての地位を築き上げてきました。FEBA Automation社とSAS Automation社を傘下に収めたことで、当社のロボットグリッパーの製品ラインが強化され、Piabが提供できる市場がさらに拡大することでしょう。当社のスマートソリューションは、非常に低エネルギー消費量でワークを迅速かつ安全に搬送できるのが強みです。今回の買収は、グリッピング搬送ソリューションの世界的リーダーとなる、という当社のビジョンを実現するうえでも重要なステップなのです。」

 

詳細情報

Häla El Sheemy Washbrook(マーケティング・バイス・プレジデント兼コミュニケーション・マネージャー)

Tel: +46 (0) 8 630 25 74

E-mail: hala.e.washbrook@piab.com

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい