Feedback

Choose your language

Close

Kenos® バキュームグリッパー  木材製品の搬送

木材から家具まで、多様な木材ワークを安全に搬送する Kenos® グリッパー

日付 2017/05/23

Piab の Kenos® フォームパッド真空グリッパーは、未加工の材木から加工済みの家具部材に至るまで、あらゆる木材ワークを安全に搬送します。対象物を優しく、かつ確実に把持できるため、木材や木材製品の安全な自動搬送を実現します。木材搬送用のグリッパーは2種類のモデルで展開されており、それぞれカスタマイズ設計が可能なので、幅広い用途に対応できます。

木材や木材加工産業では多様な製品を扱うため、特に要求が厳しい業界だと言えます。Piab の Kenos® グリッパーKenos® grippers)は、柔軟性と精度という2つの相反する能力が求められる厳しい業界要件を満たせるよう特別に開発された製品です。

把持力の鍵を握るフォームパッド(エンジニアリング発泡体)

グリッパーは特殊なフォームパッドを採用しています。様々なタイプのワーク吸着面に順応に対応し、しっかりと把持します。たとえば特殊な形をした家具部材や、吸着面が粗く平らでない木板などに対しても高い把持力を発揮します。

このスポンジタイプのパッドはEPDM(エチレンプロピレンジエンモノマー)ゴム製で、10mm ~ 40mm までの厚みからお選びいただけます。ワーク表面にすき間や溝などがある場合には、スポンジの厚みがあるほど真空漏れが低減されます。

重量物に対応

重量物用途には、Kenos® 「KHVGシリーズ」Kenos® Heavy Vacuum Gripper (KHVG))が適しています。この製品は、林業や製材所といった生産現場で扱う高重量ワーク向けのグリッパーです。未加工の木材に加え、用材や重い板張りといった建築資材も確実に把持して吊り上げ搬送します。

このグリッパーで採用されている分厚いスポンジ層は、木材ワークの凹凸面や湾曲面にもしっかり吸着対応します。スポンジ部分は厚さだけでなく、寸法も要件に合わせてカスタマイズできます。こうした柔軟性により、あらゆる形状、サイズや重量の木材製品に対応します。

厳しい環境にも対応

KHVG モデルは高い耐久性があり、苛酷な生産環境にも耐えられます。林床から直接運ばれた材木は土や泥で汚れている場合もあります。そして製材工場自体も通常粉塵の多い環境です。このような環境で動作する真空ハンドリングシステムには、高い耐久性と優れたメンテナンス性が求められます。

このため KHVG シリーズはサイドチャンネルブロアーを備えており、外部真空発生装置を利用することを想定して設計されています。外部真空発生装置は一般に粉塵が多い環境にも強く、目詰まりやゴミの蓄積によるシステム故障を防止します。また、低真空で高流量を必要とするアプリケーションでも効果を発揮します。

真空エジェクターによりエネルギー効率を改善

粉塵が少ない環境であれば、エネルギー効率に優れた Piab の COAX® 真空エジェクターCOAX® vacuum ejectors)をグリッパーに使用できます。これにより吸引能力が最適化され、エネルギーとコストを節約できます。

Kenos®「KVGシリーズ」Kenos® Vacuum Gripper (KVG))は、このCOAX® 真空エジェクター統合モデルが標準品になっています。家具工場や倉庫など、粉塵が少ない環境での軽量ワーク搬送に最適です。「KVGシリーズ」は標準的なパレットへの積み降ろし作業などに最適なモデルです。

家具部材を傷つけずに搬送

Kenos® 真空グリッパーは、MDF ボードや木製部品などを各種加工機械間での搬送し、切断、接着やラミネートなどの加工を進める用途で理想的な製品です。たとえばラミネート工程では、加工後の製品を慎重に搬送する必要があります。そこでフォームバッドが活躍します。搬送物をしっかりと把持するだけでなく、傷などの損傷を防ぐ保護レイヤーとしても機能します。

さらに、多様なサイズの搬送物に対応できます。搬送する木製部品のサイズが変化した場合でも、システムをリセットする必要はありません。生産性を高め、時間とコストを節約できる柔軟なシステムが実現します。

モジュール設計により柔軟性が向上

Kenos® 真空グリッパーはモジュール設計を採用しており、優れた柔軟性を提供します。フォームパッドを備えたグリッパーは容易に拡張できます。標準モデルでは各グリッパーに 1 ~ 4 本のエジェクターカートリッジが内蔵されますが、必要に応じてカートリッジを追加することもできます。各カートリッジは 1 本のネジのみで固定されているため、拡張時に大がかりな作業が必要になることもありません。流量制御も柔軟に行えます。Kenos® 真空グリッパーでは、幅広い用途に対応するため 2 種類の技術を採り入れています。

流量制御

フォームパッド全体が圧着するような大型の板材用途で使用される場合であれば、真空度を調整する流量制御方法はシンプルです。フォームパッド全体が覆われるような大型の板材はフォーム内部の空気穴をすべて塞いでしまうため、特殊な流量制御メカニズムは必要ありません。シンプルにフォームパッドの穴径を変えることで流量を特定用途に合わせることができます。穴径は0.6 mm ~ 2mm の範囲で調整できます。

小型から大型の対象物まで対応できる、高い柔軟性が求められる場合は、グリッパーにチェックバルブを装着できます。チェックバルブはワークと接触していないフォームの穴からのリークを防ぎ、ワーク接触部の真空を維持します。チェックバルブは小さな可動ボールによって流量を制御します。水平用途が最適ですが、最大で45 度までの角度に使用できます。

Kenos® 真空グリッパーのチェックバルブには、プラスチック製ボールではなく、ステンレス製のボールが使用されています。プラスチック製のボールは精度が相対的に低く、温度や湿度などの環境条件によって損傷する傾向があります。

容易なメンテナンス

Kenos® 真空グリッパーはメンテナンスが容易です。多塵環境での用途では、フォームバッドと真空エジェクターとの間にフィルターを設置できます。これにより保護を強化し、不必要なメンテナンス作業を回避できます。

フォームパッドの寿命は用途によって異なりますが、一般的に 6 か月 ~ 1 年です。グリッパーに装着されているフォームパッドは摩耗した際に簡単に脱着・交換できます。これによりダウンタイムが最小限に抑えられます。

交換用のフォームやフィルターなどのスペアパーツのみの提供もされています。

木材製品をより安全に搬送できるソリューションをお探しであれば、ぜひ弊社にお問い合わせください。

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい