Feedback

Choose your language

Close

piFLOW®pSMART真空コンベアの使用

ハイヒールを履いた状態で乾燥粉体を  搬送することは可能か?

日付 2019/09/27

もちろん、ハイヒールを履いて製造現場や製粉機の周囲を歩くことはお勧めしません。製造現場で作業するときは、常に安全を第一に考えるべきです。しかし、インダストリー 4.0に対応したオートメーション化された製造現場であるなら、ハイヒールを履いた状態でも粉体を搬送することが可能です。

インダストリー4.0は、かなり長い間管理の議題にありましたが、現実の世界で見られることは、議論されていることからは
かなりかけ離れています。現在、当社の真空搬送ビジネスの約半数は、粉体搬送の自動化に関する案件で占められています。
粉体を手動処理(作業者が種子、粉末、顆粒などをバケットやコンテナに入れて運ぶ処理)しているお客様に対して、
バキュームコンベアによる自動搬送への切り替えを提案しています。乾燥卵から金属粉末、頭痛薬まで、粉末または顆粒状の
乾燥粉体は、バキュームコンベアで搬送できます。そして弊社のバキュームコンベアは、インダストリー 4.0対応に向けて、
お客様の生産性と安全性をさらに向上させるものになりました。
当社最新の製品である「piFLOW®p SMART」は、産業変革によって誕生した製品といえます。
この最新製品では、自動化をさらに進化させています。

機械学習テクノロジーの採用により、piFLOW®pSMARTは僅か数サイクル運転するだけで、どの種類の粉体を扱っているのかを 把握し、自動的に粉体搬送を最適化するように調整してくれます。オペレーターが材料の異なるバッチ間で設定を再調整する 必要はもうなくなります。piFLOW®pSMARTは、非常に高い精度で自動調整してくれます。

生産ラインから離れた安全な場所で制御ユニットのタッチスクリーンで搬送能力を確認することができます。
仮にオペレーターがハイヒールを履いていたとしても、乾燥粉体を安全に搬送することが可能だということです。

 

Kajsa Ryttberg Wallgren
Vice President Vacuum Conveying Division
Tel. +46 8 630 25 00

Piab AB © 2019 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい