Choose your language

Close

ウェブサイトを快適にお使いいただくため、Piab のウェブサイトはcookieを使用しています。
設定を変更されない場合、cookieを受け取ることに同意されたとみなします。
Read more


医薬品の錠剤

どのようにすれば、錠剤を最も丁寧に搬送できるか?

日付 2016/03/30

Piabはこの課題を解決するために、試行錯誤を繰り返してきました。

最終的に、私達はある結論に達しました。標準仕様の真空搬送機器を部分的に改造するだけでは満足いく結果が出なかったため、錠剤搬送専用のコンベアを開発することに決めたのです。 その結果、世界初の錠剤専用コンベアが誕生し、繊細な錠剤でも自動的に搬送処理できるようになりました。これまで手作業が必要だった箇所や、標準仕様の装置を使用していた箇所も、この専用コンベアに置き換えが可能です。

ご存知のように、繊細で高価な医薬品の錠剤は、加工工場における取り扱いが難しいことで有名です。錠剤は割れやすいため、不良品の発生量を最低限に抑えるには細心の注意を払って搬送する必要があります。私達は錠剤専用コンベアを設計する上で、錠剤搬送を成功させるためのキーポイントを3点発見しました。そのポイントとは、錠剤を搬送する際に一定の低速度を制御・管理すること、錠剤をコンベアに緩やかに侵入させること、そしてコンベアのパイプラインから段差部分を排除することです。これらを満たす製品の開発には時間を要しましたが、結果的にその苦労は報われました。製品を発売したのはわずか数ヶ月前ですが、すでに販売実績が出ています。また、今回の開発ではコンベアだけでなく、「piGENTLE™」と呼ばれるユニットも誕生しました。このユニットは、錠剤の欠損を最小限に抑えるために、一定の緩やかな搬送速度を実現します。 ユニット内に使われている技術は現在特許出願中ですが、じきに承認されるものと思われます。

これは Piab にとって大きな一歩であり、お客様にも自信を持って提供できる製品です。ご登録いただければ、詳細情報をご覧いただけるようになります。また、弊社の試験施設やお客様の工場で性能の実証テストを行うこともできます。

こちらからサインアップいただければ、すぐに詳細情報をご確認いただけます。

 

Tomas Dahl
Strategic Sales OEM
Tel. +46 8 630 25 00
  分割

Piab AB © 2017 法律上の表示

フォローする

ご連絡下さい