Feedback

Choose your language

Close

ガラス成形と搬送

ガラス成形と搬送

 ガラスは厚い平板やシートの形状で生産されます。その後切断され、実用的な部品に成形するためにオーブンへ送り込まれます。ロボットと搬送ステーションでは、シートメタルと同じような方法でシート形状ガラスのハンドリングが行われます。ガラスは成形後、サクションカップを使用して艶出しとトリムが行われるワークステーションへと固定されます。通常新しいガラスは高温です。多くの場合、吸着痕を残しにくいサクションカップが好まれます。 

システム解決案

 

 ピアブのメリット

  • COAX®技術を採用したバキュームポンプが、生産性向上に貢献します。省エネ装置を加えることでエネルギー消費量を最小限に抑えることができます。
  • 耐擦傷性に優れたサクションカップが、メンテナンスコスト削減に貢献します。
  • 安全にガラスをハンドリングするのに最適なバキュームポンプを用意しています。
  • ピアブ製バキュームポンプは高い初期真空流量を発生させ、安定した高速グリップを実現します。

 

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい