Feedback

Choose your language

Close

射出成形/ペレット搬送

射出成形/ペレット搬送

プラスチックの自動車部品成形の主流な方法は射出成形です。バキュームはまずプラスティックペレットをホッパーへ移動する為に使用されます。その後プラスティックペレットは熱せられ、高圧力によって型穴へ押し込まれます。部品は型の中で形成され、場合によってはバキュームを利用して気泡を防ぎ、製造過程を援助し、製品にさらにより良い輪郭を与えます。 最終的に部品が形成された後、通常ロボットアームに取り付けられているサクションカップや真空ポンプを使用し、金型から取り出されます。 

 

 

 

ピアブバキュームコンベアの主な利点

  • 清掃が容易な衛生的な設計なので、メンテナンス時間を短縮します。
  • コンタミを防ぐ密閉性が高いシステムを構築し、作業環境を改善します。
  • 安全性のために、「ATEX粉塵」「ATEXガス」規格適合のコンベアも選択可能です。
  • コンベアの接粉部の材質は、FDA、EC No. 1935/2004およびEC No. 10/2011の規格に準拠しています。
  • 医薬品、食品、化学業界向けシリーズのコンベアを用意しています。
  • 非常に高温な射出成型品を吸着できる特別開発されたサクションカップも用意しています。
  • 真空ポンプに採用されているCOAX®技術がエネルギー消費量削減に貢献します。
  • ピアブ製バキュームポンプはメンテナンスが容易です。メンテナンスによるダウンタイム削減に貢献します。

 

 

Piab AB © 2018 法律上の表示

フォローする

ご連絡下さい