Feedback

Choose your language

Close

空港

空港

PiabのVaculex®製品シリーズは、真空技術に基づいたリフティング機器の分野で世界をリードしています。2005年以来、Vaculex®は高品質でフレキシブルなスウェーデン設計の機器を空港業界に販売してきました。当社の人間工学的ソリューションは、荷物を手作業で扱う際に頻繁に起こる負傷事故を減少させてきました。現在では、500以上のVaculex® BaggageLiftユニットが全世界60箇所以上の空港に設置され、毎日Vaculexを使用するユーザーの方々から高い評価をいただいています。当社は完成されたリフティングソリューションを提供するだけではなく、ご購入後のVaculex® BaggageLiftがしっかりと稼働するよう、設置後のアフターサービスも提供しています。

シチュエーション

多くの場合、空港での手荷物取扱は、自動システムと手作業が組み合わされ、作業は天井が低く、狭い空間で行われます。自動手荷物取扱システムは、チェックインされた荷物をチケットカウンターから受け取って、セキュリティー検査を通し、フライトごとに仕分けして、シュートかコンベアに送ります。ここからは手作業によって、荷物は別のULD(Unit Load Device:ユニット積み込み装置)またはカートに積み込まれます。この手作業はしばしば反復運動過多損傷(RSI)を引き起こし、職員の作業能率を下げたり、欠勤を増やすことにつながります。

解決策

空港での手作業による荷物処理の問題を解決するため、PiabはVaculex®を開発してきました。その結果、作業能率を向上させながらもRSIのリスクを最小化できる、人に優しいバキュームリフティングソリューションが誕生したのです。PiabのVaculexリフターは、天井が低く、狭い作業場にも対応し、柔軟性の高い独自のソリューションを可能にします。Vaculex®特許取得済みのローヘッドルーム用設備は、Piabがお客様に提供する、厳しい作業環境への革新的な解決策の一例です。

teaser Ergonimic lifter
人間工学に基づいたリフター

多くの場合、人間工学に基づいた吊り上げ装置を活用することにより、ワークの損傷を減らし、生産性を高める事が可能になります。このような装置により、 一人、もしくは二人のオペレーターが真空機器を使用して大小の物体を吊り上げたり、動かしたり、コントロールしたりできるようになります 。ロボットとは異なり、吊り上げ装置は取り扱い部品の位置調整するためにオペレーターが必要となります。信頼性のある吊り上げ装…

Piab AB © 2018 個人情報に関する通知

フォローする

ご連絡下さい